水毒のしわざ?うっとうしい41の症状とスッキリさせるオススメの対策

足のむくみイメージ
この記事は4分で読めます。

むくみだけじゃない本当は怖い水毒の症状(病気)

水毒といっても症状は『むくみ』だけだと安心していませんか?

水毒というのは漢方において、身体の中に水分が溜まり、水分は排出されないことによって生じるとされる症状のことを言います。

実は水毒は驚くほどいろいろな症状・病気を引き起こします。

冷え

多くの女性は冷え性でお悩みです。

この冷えも水毒が関係すると考えられています。

めまい・頭痛

冷え性とともに、こちらの女性に多いですが、めまいや頭痛も水毒が関係すると言われています

。冷え性の方はめまいや頭痛もちの方が多いような印象があります。

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮癌・乳癌・脳疾患

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮癌・乳癌・脳疾患などが水毒と関係あるなんて思いもしませんが、実際には関係あるようです。

アトピー・鼻炎・喘息・鼻水・鼻づまり・アレルギー症状・花粉症・咳

いずれもアレルギー症状から起こるとされる症状です。

これらも水毒が関係すると考えられています。

たとえば鼻炎で鼻水が多量に出るのは、不要な水分が出て行っていると考えられています。

疲労感・頭重感・からだのダルさ・口渇・眼精疲労

栄養をしっかりとっても取れない疲れ、慢性疲労やからだのだるさなども、水毒が原因と考えられています。

むくみ・フケ、円形脱毛症・ニキビ・口臭・唇のあれ・足の臭い・耳だれ

美容の天敵といえるむくみ、ふけ、円形脱毛症、ニキビ、口臭、唇のあれなども水毒が原因と言われています。

パニック障害・ウツ・のどのイガイガ感

パニック障害やウツ・のどがイガイガした感じなど、ストレスや心因性と考えられるような症状も水毒が原因と考えられています。

近視・難聴・嗅覚の低下

身体機能の低下が原因と考えられる、これらの症状も水毒が原因と考えられています。

心臓疾患・動悸・息切れ

心臓が悪いのが原因とされますが、水毒が悪影響を及ぼしていることも多いようです。

おなかがなる

いがいなところで、おながかなるのも水毒が原因とされています。

上にあげたもの全て水毒の症状・病気と考えられているものです。すくなくとも水毒があると、これらの症状が悪化すると考えたほうが良いでしょう。

注 次のような人は病院へ行ってください。
・朝からひどくむくむ
・日中、殆どトイレに行かない
・夜になると急に尿の量が増える
・1日のうちに1.5kg以上体重の増減がある。

水毒チェックテスト

あてはまる所にチェックをいれてください。

●生活習慣

□ 睡眠時間が1日5時間以下

□ 運動をしない。

□ デスクワークが多い。

●体調

□ 朝起床時の体温が35℃台

□ 汗をよくかく。

□ 喉やくちがよくかわく。

□ まぶた・顔がむくむ。

□ 2重あご

□ 舌がぼってっとしている。

□ 舌に歯型がよくつく。

□ 丹田(へそ下)あたりが冷えている。

□ 下腹がでている。

□ おなかを叩くと、ぽちゃぽちゃ音がする。

□ 足がむくみやすい。

□ 下半身太り

□ 足首(くびれ)がない

□ 冷え性である。

□ ダイエットをしてもなかなかやせない。

□ 生理痛や生理不順がある。

□ 慢性的に疲労気味である。

□ 鼻炎・くしゃみ・鼻水がでる。

□ 片頭痛がある。

●たべもの

□ 白いパン(精製した小麦で作った)やケーキを毎日食べる。

□ 1日1リットル以上の水を飲む。

□ 尿が1日に9回以上、もしくは4回以下である。

□ 辛いものをよく食べる

□ 酒をよく飲む。

チェックテストの結果は?

4個以下 安全圏
基本的には安全圏ですが、ちょっと生活習慣がくずれると危険になりますので、生活習慣の維持に努めてください。

5~7個 ちょっと危険
すこし水毒気味なので、生活習慣を改めましょう。

8個以上 水毒
重要の水毒の可能性があります。これから紹介する対策で、生活習慣を見直して、水毒にさよならしましょう。

水毒への対策 飲食で控えたいもの

飲み物

飲み物は午前中にとるようにし、午後は食事のスープ、みそ汁など以外の飲み物はできるだけ控えるようにします。

薬などを飲む水、お風呂上りの1杯の水は良いでしょう。

注意しなくてはいけないのは、取りすぎです。しかし取らなさすぎでもよくありません。

取らなさすぎると、便秘になりがちなので、この水分の量がとても難しくなります。

特に夏場は熱中症にならないよう気をつけてください。

モデルさんが、水を1日2リットル飲む美容法をすすめていますが、どちらが正しいのでしょう?

A 「水を1日2リットル飲む美容法」は、乾燥したヨーロッパ在住のモデル達が始めたものです。

これに、飲料水メーカーと広告代理店が、乗っかって、水ブームをしかけました。

しかし乾燥したヨーロッパでは効果があっても、湿度の高い日本で同じ事をすると、水分過多で水毒になります。

その美容法はウソではないですが、日本ではすべきではない美容法です。

塩味

できるだけ減塩にしましょう。塩分を取りすぎると喉が渇きます、できる限りうす味のものを取るように心がけてください。

甘み

精製された砂糖なども水毒の原因と言われています。

味の濃い食品

味の濃い食品を取ると、喉がかわき、水分を取りたくなります。

カフェイン

カフェインを飲み物は水分にならず、逆に脱水症状になるので注意してください。

コーヒーにはカフェインが入っており、陰性食品ですので、水毒には大敵です。

冷たいもの

冷たい水はさけましょう。常温の水かぬるま湯がベスト。

刺激物とアルコール

刺激物・アルコールを取ると、水分が欲しくなります。

水毒への対策 飲食でとりたいもの

ハトムギ(ヨクイニン)

漢方薬に『ヨクイニン湯』というのがあります。

このヨクイニンとはハトムギの事です。

ヨクイニンはハトムギの外の堅いからをとって白い実の部分のことをいいます。

ヨクイニンは、漢方薬の処方でも消炎、利尿、鎮痛、排膿、強壮薬として利用されています。

ヨクイニンははとむぎですので、ハトムギ茶にも利尿作用があります。

ただ市販されている安いハトムギ茶は、混ぜ物が多いものがあるので、ハトムギ100%の方が良いです。

ハトムギを煎じる場合は、ハトムギ約10グラムから30グラムを水600ccから800ccの中に入れて弱火で15分から20分程煎じて1日数回服用します。

飲みやすく、利尿作用も高いうえ続けてのんでいると美白効果が期待できニキビにも良いのでオススメです。

ただ一点妊娠中の女性がハトムギを多量に常用すると流産しやすくなるという事なので、妊娠中は多量に服用しないように注意してください。

トウモロコシのヒゲ茶

とうもろこしを買った際についてくるヒゲを煎じて飲むと、利尿効果バツグンです。薬膳でよく使われるむくみ対策です。

明日葉

「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」ことから明日葉という名前がつきました。

むくみはもちろん、むくみから発生するセルライトを予防・解消するとして注目されています。

明日葉は少し大きめのスーパーなどでも売っていますが、ちょっと調理法が難しいかも。

赤ぶどうの葉

日本ではあまりしられていませんが、むくみ対策でローマ時代より使われるという長い歴史があり、近年日本でも注目をあつめています。

梅干の仁

乾かした梅干の種、ビニール袋などに入れ、袋の上からトンカチでたたく薄皮に包まれた仁を取り出し食べる。

カリウム

海藻、バナナ、リンゴ、スイカ、とうがん、小豆、トウモロコシなどの食品に豊富なカリウムは、体に水を溜め込むナトリウムと拮抗して働き、余分な水分を尿や汗として排出します。

うり科

うり科の植物は利尿効果が高く、薬膳などでも水毒対策によく用いられます。ただ陰性食品になるので、食べ過ぎると身体を冷やす為、加熱して陽性にすることが大切です。

ガマンせずに効率的に水毒対策するには

水毒対策は、いかに食事で上で紹介したものを取り入れていくかと、禁止されているものをガマンしていくかです。

運動などもたしかに効果的ですが、人間を構成するのが食事ですから、基本は食事です。

ただ食事に注意するといっても、コーヒーやお茶はなかなかやめれる人は少ないでしょうし、好き嫌いもあると思います。

特に水分コントロールはとても難しい問題です。なにも考えずに水だけを減らすと、脱水症状・便秘がちになります。

こういう難しいことが面倒な人で、美容にうるさい人が活用しているのは、むくみに良い成分を凝縮した、むくみ解消サプリメントです。

むくみ解消サプリメントであれば、漢方のように体質や副作用の心配する必要はありませんし、運動が苦手な方、好き嫌いが多い、カフェイン・酒がやめれない、規則正しい生活が難しいという方でも気軽に続けることが可能です。

もし、あなたがむくみ解消サプリメントを検討されるのであれば、80万袋を売り上げたモンスターサプリ「」を検討してみると良いでしょう。

とうもろこしのひげ、明日葉、赤ぶどうの葉が配合されており、また水毒対策中に起こりやすい便秘対策に乳酸菌も配合されているので、とくに便秘と水毒両方にお困りの方にうってつけのサプリメントです。

水毒対策に効果的な運動は?

効果的な運動は、やはり汗をかくランニングなどが有効です。

汗をかけばかくほどいいので、サウナスーツなどを着て、汗をかくようにがんばりましょう。

汗をかくという事で岩盤浴などもオススメできます。

汗をかくととにかくスッキリするので、運動が得意なかたの水毒対策にはとても良いと評判です。

ただ運動は効果的とはいえ、汗をかくと水分を余計にとってしまう。しかし水分を取らないと脱水症状を起こしてしまう、運動が苦手な方は逆に体調をくずしてしまうので、水分のコントロール・安全性に不安のあるかたは、飲食するもので対策するのが無難です。

公開日:  最終更新日:2017/01/18

Comment

  1. kili より:

    いっぱいやったからどれが効いたかわかりませんが、むくみスッキリしました。

    コレで彼との初デートバッチリです。

    ありがとうございました。

  2. ゆり より:

    おかげさまでむくみスッキリしました。ありがとうございます。

  3. ゆり より:

    いぜんに書き込んだものです。むくみがスッキリしてからニキビもずいぶんマシになりました。

    いちおう報告をさせていただきます。

  4. イシハラ より:

    2ヶ月前からむくみ対策はじめました。

    細く目つきが悪いといわれていた目がパッチリして、GW前に男子に告られました。

    GW中はその彼と遊んでいました。初めての彼・・・むくみ対策ってすごいですね。

  5. sakai より:

    パニック障害もちです。3ヶ月前から水毒対策を始めました。

    結果。。。薬の量が減りました。本当に効果あるっぽいです。

  6. おだ より:

    アレルギー持ちだったですが、むくみ対策をはじめてアレルギー症状が解消しだしました。

    とりあえず鼻水はほとんどでなくなりました。

  7. チエ より:

    むくみがとれてから、足がかなりほそくなりました。短めのスカートもかっこよくはけていいですよ。

  8. らいか より:

    はれぼったかった目がスッキリとした感じになりました。男子から声をかけられるようになりました。

  9. やえ より:

    するるのおめぐ実。。。これめちゃ良いですね。仕事ですぐにパンパンになる足がスッキリしました。

  10. sakai より:

    前にパニックの件で投稿しました。なんと臭かった足のニオイもむくみ対策でマシになってきました。こいつはマジですごいってか、水毒怖すぎです(;´Д`)

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP ↑