沖縄のユタに占ってもらうには、その心構えと予約方法

a0070_000200
ユタがひそかなブーム。ユタというのは沖縄県や奄美諸島に多く存在している巫女やシャーマンのこと。

通常の占いは生年月日とか名前などによって判断する、統計学の一種だというのはみなさんもご承知の通り。

特殊なユタの占い

しかしこのユタというのは、統計学ではない、霊能力者的な存在の。人の運命には統計学では到底わかりえない。パーソナルな部分がある。

たとえば、「あるとき、ある場所である行動を取った」というのが原因になって現在の現象が起こっているというのは統計学的な占いでは到底わからない。

これはちょうど西洋医学では解明できないのが、東洋医学で解明できるのと同じような現象と少し似ている。

占いというのはざっくりとした判断。だれでも時間をかければ出来る、しかし霊能力というのは誰でもできるというわけではない。おもいっきり素養が必要だし、修行も必要。

ユタと一般的な霊能者との違いは、資格をもっているかどうかの違いみたいな所がある。ただの法律に詳しい人と弁護士ではまったく違う。ユタというのは地域に根ざしていて、選ばれてなるものであるし、ある程度の技術体系があり、修行が必要。

普通に霊感の強い人とは全然違うし、同じ扱いをしてはダメ。特別な人だと認識を持つ必要がある。

ユタに占ってもらうには

占ってもらうには沖縄や奄美諸島に行くと良い。いろんなユタがいる。ただ行っても地域の人の紹介がないと占ってもらえない事も多いそう。そこで占ってもらうためのパターンを紹介する

・知り合いのツテを利用する。
もし知り合いがいるのなら、そのツテを伝って、紹介してもらい、日取りを決めてもらい、予約をして伺うというのがベスト。この場合がベストな状態で占ってもらえる。

・飛び込みで行く。
知り合いがいないのなら、思い切って飛び込みで行くのもあり。ただ現地で1週間ぐらいつぶす気で行かなくては行けないかもしれない。一度行って良いユタならずっと通えるし良い。

そこらへんは十分に下調べをして行くといい。相手がどんなユタでというのを知らないと予約もしようがない。予約は知り合いになればすごくカンタン。電話1本でOK。でも知り合いでないと敷居は高いと考えていたほうが良い。

・本土の人がユタに占ってもらうには
基本ユタは沖縄の人のためのものって考える人が多いので、本土の人は占ってもらえにくい。

ただ本土の人に対して、積極的に受け入れている人もいる「ユタ | 霊能者本物に出会うには?」というサイトなどを参考にされて、占ってもらうと良いだろう

良いユタに出会えば一生の宝。良いユタに出会えるようにお祈りしてます。

コラム

霊能者を否定する人が実は霊能者を使っているという事実がある。

例えば沖縄のユタは知識階級の人は迷信だから信じていないという振りをする。科学的ではないとか、非科学的だという。

霊能者なんて信じていないという人が実は…

でもその言う人の奥さんはユタに見てもらうという事がよくある。

おかしい。そんなの迷信だから言ったらダメだ。といえば良いのに、これ実際には「世間体があるから自分では行けないので、女性に行ってもらうという事。」

まわりもそんな感じなのが分かっているから、見て見ぬ振りをする。あえて突っ込まない。これは筆者はある種の情報操作だと思っている。

権力者が霊能者を否定する裏には

権力者というのは自分を脅かす存在が怖い。

力のある霊能者がいると自分の地位を脅かす事になるから困る。

だから世間には迷信といって利用しないように呼びかける。

でも自分はきっちり利用して得をする。

こういう事が多い。科学は万能ではない。現在までの科学では立証できない世界がある。

そんな事はみんなが知っていること。それなのにあからさまに否定する人はなにかあると疑っても良いかもしれない。

公開日:  最終更新日:2016/07/19

Comment

  1. hujii より:

    権力者がうまいこと使って、いい思いをしたいたんですね。

    なんかすごく納得できました。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑